KENYA Mamuto Kirinyaga

飲んだのは随分前。CraftCoffee 2013/11月号に届いたジョージハウエルのケニアのコーヒー。

ケニアのキリニャガ。これも度々聞く地名なので「キリニャガ」でググったらこんなこと出てきた。
(wikipediaから)

ケニア山とは後世になってこの土地を征服したヨーロッパ人のつけた名前。このあたりの原住民族であるマサイ族やキクユ族の間ではこの山を「神の山」という意味のキリニャガ(Kirinyaga)と呼んでいた。これは彼らの神話の中に、この山の頂上にはンガイ (Ngai) と呼ばれる神が黄金の玉座に座っているという言い伝えがあるからである。

だって!
キリニャガ、カッコイイ!黄金の玉座に座りたい!

とにかくケニアは「ニエリ」と「キリニャガ」を知っとくと良い事ある。はず。たぶん。

0P1370944

で、味。
グレープフルーツの皮ぎしっぽい苦くてスッパイような感じ。
すぐに酸味は消えてハチミツのような黒糖のような甘みがズバーっと帰ってくる。
この黒糖系の甘みがミルキーつーか牛乳みたいなトロくて甘い感じに変化していきながら長く続く。
超美味しかったです!

10. 2月 2014 by TankChop
Categories: ケニア | Tags: , | Leave a comment

グアテマラ ラ・エスペランサ

親愛なる京都の友人から誕生日で頂いたUnirのコーヒー。
超嬉しいありがとう!
Unirのコーヒーはバランスがいいというのかな?甘いし苦いし毎回美味しい。そんで、ちょっとテキトウに淹れても美味しいというのか、失敗しないのが嬉しい。

0P1390096
友人お手製のオリジナル麻袋!高円寺の親友、瀬尾から頂いた(奪った)マグカップ!ありがとう!

で、味。
すでに書いてある通りで、甘いしほんのり苦いしバランスが良い。
ほんのり感じるベリー系の酸味とダークチョコぽい苦味。コーヒーっぽいコーヒーつーのかな。
口に入れてからはマル〜ンとした感じ。
すっげー美味しかったです!

10. 2月 2014 by TankChop
Categories: グアテマラ | Tags: | Leave a comment

エチオピア イルガチェフェ

0P1360485
三宿にあるNOZY COFFEEの原宿に出来た新店舗「THE ROASTERY」(2013/10にOPEN)にて購入。
会社が原宿ということもありプレオープンからちょいちょい足を運んでおります。いいお店。

原宿店のオープン当時から何度もリピート買いしているのがこのイルガチェフェ。
NOZY COFFEEとしては超久しぶりのエチオピア(だと思う)。

パッケージカードにY.C.F.C.Uって書いてあったから何かなと調べてみたらYIRGACHEFFE COFFEE FARMERS COOPERATIVE UNIONっていうやつみたい。
2002年に設立されたエチオピアコーヒーユニオン。ふむふむ。

で、味。
自分がコーヒーにハマったきっかけになったような酸味が美味しいコーヒー。
レモンティーのような味だったり、紅茶のような香りが楽しめたり、冷めてくると美味しい酸味がブワーっとするし、とにかく飲んでて楽しいコーヒー。
すっげー好き!美味しい!

そろそろ店頭での豆販売がなくなるとかで少し寂しけど、しばらくはエスプレッソで提供するみたいだからまた足運ぼう。アメリカーノで飲むと幸せな気分になれるし。

16. 1月 2014 by TankChop
Categories: エチオピア | Tags: | Leave a comment

コスタリカ ラ・カンデリージャ

2013/11に富ヶ谷にOPENしたTHE COFFEESHOPの自家焙煎所。ROAST WORKS。
遅くなりましたがOPENおめでとうございます!また近所にコーヒー屋が出来てなんとも嬉しいです。

日本にはこの店にしかないらしい「STEAM PUNK(スチームパンク)」っていう抽出機は名前も見た目もガチでかっこいいし、味も美味しいから物珍しさに見に行くのも良いと思います。
詳しくはTHE COFFEESHOPのブログをチェック。

そのROAST WORKSで購入したコスタリカ ラ・カンデリージャ。
当ブログでもお世話になっているコーヒー界のアララギさんことムララワさんが焙煎人。(失礼、噛みました)
0P1320242

OPEN日にもらったノベルティのニカラグアをはじめ、イルガチェフェ、エルインヘルトなど実は結構飲んでいるんだけど、ムラサワさんの焙煎したコーヒー豆、美味しいす。
予想外というのも失礼だけど、スッゲー浅い焙煎なのかなと思ってたけどそんなこともなく、どのコーヒーも苦味も甘味も酸味もバランスよく、お店に書いてある豆の特徴通りの味がしっかり感じるなーと思いました。

で、味。
口に含んだときはさっぱりした酸味かな?と思いきや、どんどん甘さが出てくる感じ。甘さは黒糖とかキャラメルとかそういう感じがした。
後味にこの黒糖ぽい甘さがフワーっと長く続く。
冷める前に飲み終わる。美味しいです!

焙煎したでよく膨らむからハンドドリップで淹れるのが楽しい。

ちなみにOPEN日にもらったノベルティ豆。袋が可愛い。
0P1310135

10. 12月 2013 by TankChop
Categories: コスタリカ | Tags: | Leave a comment

コスタリカ ラ・リア1900

NOZY COFFEEで購入。コスタリカのラ・リア1900[サンタローサ農園]。
去年(2012)は丸山珈琲のラ・リア1900買ってた。

_P1290880

商品に数字が入っているので「ラリア1900」っていう名前で覚えてしまったのと、この名前のおかげで、(正しいか正しくないかはともかく)「標高1800〜1900mより上はコーヒーにとって標高が高い地域で、酸味と甘味がいい感じで美味しいらしい」という超漠然とした印象も覚えた。

で、味。

完熟したプラムっぽい甘酸っぱさがあった。冷めてくると甘酸っぱさの「甘」の部分が減ってく感じだけど、ずっと美味しい。
後味は果物の蜜とかお砂糖みたいな甘さと、プラムの皮ぎしっぽい酸味がじっくり残る感じ。ほのかにアーモンドっぽいのもあった。

すっげー美味しかったです!

04. 10月 2013 by TankChop
Categories: コスタリカ | Tags: | Leave a comment

Kenya Thunguri,Kirinyaga

CRAFT COFFEE 9月号から。Kickapoo Coffee RoastersのケニアのThungri(スングリ?)。
Thungriの隣にKirinyagaって書いてあるけどケニアのキリニャガってどこかで聞いたことあった気がする。
_P1290752

で、味。
アセロラっぽいような強い酸味と同時に、マンゴー(かなぁ?)みたいな甘い果物っぽい感じもあった。
冷めてきてからもあまり変わらないけど、甘い部分がすこし感じやすくなった。

後味は、最初に感じる酸味が消えて、果物の甘い部分とお砂糖の甘さみたいなのがフワーと残った。
口当たりはツヤーっとした感じ。少しネバーっとしてたかも。

それにしても相変わらずケニアの豆は果物スープ感が高いイメージ。
美味しかったです!

03. 10月 2013 by TankChop
Categories: ケニア | Tags: | Leave a comment

エチオピア モカ カッファ

石神井公園にある珈琲焙煎工房 美鈴の豆。セオくんに買ってきてもらった。
お店にはいっぱい種類があるみたいだったので、「エチオピアの豆で焙煎は超浅めでお願いー」って頼んだ。

0P1130486

焙煎時間まで書いてある。140秒。

で、味。
エチオピアの豆だからなのかイルガチェフェみたいな花っぽい香りがした。
あと、はっきりとした酸味ではないけど、ほんのりした柑橘系の酸味と、紅茶っぽい甘い味がした。
後味に紅茶キャンディーみたいな甘さがフヌーって抜ける感じがあって美味しかったです。

忘れてた。
口当たりがすっげープルンプルンしてた。プルンプルン。

24. 5月 2013 by TankChop
Categories: エチオピア | Leave a comment

ホンジュラス エル・アグアカテ

久しぶりにNOZY COFFEE行って買ってきた。
ホンジュラスのCOE2012の豆でNOZY COFFEEが単独落札した話題の豆。
0P1110470

で、味。
飲む前から甘々なフルーツや花の香りがすごいした。
味は甘さが印象的。ほんのり酸味もあるけど甘味が強い印象。
甘味は砂糖とかチョコとかキャラメル系ではなく、甘いフルーツミックスという感じ。クランベリー?ラズベリー?とにかくベリーっぽい。
とくに後味に返ってくる味がベリーっぽい。このベリーっぽい甘味が長く残った。

あと、口当たりは結構ツヤーンというのかブルーンとしてる気がする。

あー。すんげー美味しかったです。
豆多めの味濃いめのエアロプレスで淹れてもバカみたいに美味しかったです。

【ムラサワさんから追加情報!】

ベリー系フレーバーは、ホンジュラスだとサンティアゴ・デ・プリングラ(ラパス県)っていう地域でよく出るので覚えとくといいことあるかも。

22. 4月 2013 by TankChop
Categories: ホンジュラス | Tags: , | Leave a comment

ボリビア アポロ

丸山珈琲の豆はいつもはCOFFEA EXLIBRISで買っちゃうんだけど、丸山珈琲でオリジナルマグカップが販売されたので、久しぶりに丸山珈琲から直接購入。
もちろんアポロという名前が買う決め手になったのは間違いない。
2P1090740
早速届いたマグカップ。少し小ぶりで重さも軽く、なにより触り心地が良くていい感じ。

さて、アポロの味。
チョコ、キャラメル、ココアみたいな甘さがした。
口当たりは水飴をお湯で溶いたような感じがした。「トローン」までいかない。「ツルーン」なのかな。
後味にナッツっぽい甘さとぶどうパンに入ってるレーズンみたいな甘さと酸味が帰ってきた。

クセがなくて飲みやすく美味しかったです!

ちなみに、アポロといったらチョコやロケットもあるけど、自分としてはロッキーのアポロ(アポロ・クリード)を推したいです。

カッコイイ!!!

09. 4月 2013 by TankChop
Categories: ボリビア | Tags: | Leave a comment

ETHIOPIA HUNKUTE

2P1010941
スウェーデンのKOPPIから。複数買うとスウェーデンからの輸送費無しになるので今回もBAGNの面々で協同購入。
超個人的で勝手な印象だと、北欧の焙煎って浅いイメージなのでエチオピアの酸味がジュージュー出て美味しいんじゃないかな?ってことでエチオピアを選択。

2P1010942
んで、裏面。
この2行目にある「ETHIOPIAN HEIRLOOM」って何だろうと思ってググってみたらTHE COFFEESHOPのムラサワさんのBLOGの記事(2080年、アラビカコーヒーが絶滅!?)にヒット。

<以下、一部抜粋>

海外ロースターのエチオピアのコーヒーで、品種(Variety)の欄をみてみて下さい。 “Ethiopian Heirloom”や“Mixed Heirloom”と記載してあると思います。
€€Heirloomを辞書で訳すと「先祖伝来の」などといったよくわからない訳になってしまいますが、要はエチオピアではプランテーション化して品種等の生産管理を行なっているところはごく一部で、半野生の状態で栽培していたり、その土地に自生しているコーヒーからの採集を含んでいたりしていて、そのコーヒーの品種がなんなのかわからない、ということなのです。

ということみたい。流石珈琲博士。
ムラサワさんは何でも知ってるな。(暦)

ってことで、味。
さっぱりレモン系。レモン系だけど酸っぱすぎず超サッパリ。
口当たり、喉越しもサラサラでゴクゴク飲みやすい。
アクエリアス・ビタミンガード(レモン味)のヤツみたいな感じで美味しかったです。

家でカフェラテにして飲んでもみたけど、そっちの方も美味しかった。
むしろカフェラテの方が好みだったです。甘酸っぱくてお菓子みたいな感じでした。

29. 3月 2013 by TankChop
Categories: エチオピア | Tags: , | Leave a comment

← Older posts